大変な草木の手入れ

木々

高齢者には重労働

草刈は意外と大変な作業で、刈り取っても1週間後にはまた生えてくる厄介なものです。除草剤を撒く人もいますが、下手に撒いたりしたら庭の樹木を枯らしてしまうこともあります。高齢者の場合、庭木の手入れは難しいものになってきています。特に夏の暑い時期の草刈は体力的にも厳しいものがあります。夏は草木の成長が早いので手入れが追いつかないことが多いのです。草が伸び放題になると害虫が発生して隣近所にまで迷惑をかけてしまいます。樹木も枝が道路や隣の家などに伸びてしまったりします。道路に突き出た枝は危険を伴うことも考えられます。このような場合草刈業者に依頼する人が増えています。定期的に庭木の手入れや草刈をしてくれて刈り取った枝葉の処分もしてくれるので便利です。

防草シートが便利

最近は、農家が休耕地にするところも増えてきました。農家も高齢化が進んで人手が足りなくなってきたりしたためです。休耕地もそのままにしておくと草が生えてしまいます。そこに発生した害虫は、周りの畑や田んぼに悪影響を与えてしまったりします。そのような場合は業者に依頼して草刈をしてもらうことが多くなっています。業者は草刈のほかに除草剤を撒いたり、防草シートを敷いたりして草が生えないような対策をします。除草剤は作物を植える場合に害のないような薬剤を使います。除草シートは広い場所だと敷くのが意外と難しく、隙間があると草が生えてきてしまいます。業者に任せることで隙間なくきれいに敷くことができます。様々な理由で草刈業者の需要は年々高まっています。