美しい芝生を維持する方法

草刈り

きれいに刈るためのコツ

きれいに刈り揃えられた芝生というのは美しく、眺めているだけでも目の保養になります。庭に緑の絨毯を敷いたような美しい芝生を維持していくためには、定期的な芝刈り作業をはじめとする手入れが必要です。日本の庭で使われている芝生には高麗芝と呼ばれる種類が多くなっています。高麗芝は高温多湿や病害虫に強く、日本の風土にも適しているのです。この種類の芝は常に2センチの高さを維持することで最もきれいに整えることができます。芝刈りをする際にも、草丈が3センチから4センチほどに伸びた時点が刈るのに適した時期です。夏場は芝の成長も早くなるので、ほぼ週に1回のペースで刈るのが理想的とされます。芝刈りをする際には、あまり短く刈りすぎないよう注意しなければなりません。葉の部分を全部刈ってしまうことを軸刈りと言いますが、光合成ができなくなるため芝に大きなダメージを与えてしまいます。葉の部分だけを3分の1ほど刈るのがコツです。

芝生の構造を知る

芝刈り機を使って効率的に刈る場合には芝生全体を一律に刈るのではなく、際の部分を残すようにします。際だけは面倒でもバリカンや芝刈りバサミを使った手作業で刈ることにより、全体を美しく仕上げることができます。とは言えこうした作業を毎週毎週続けるのも容易ではありません。時には楽をするために、芝刈り代行サービスのようなプロに頼んでみるのも1つの手です。プロなら素人がするよりも、きれいに仕上げてくれることでしょう。また、作業が早いのもプロに依頼する魅力の一つです。初めて芝刈りを行なう方のなかには、作業に一日を費やしてしまう方もいるようです。しかし、プロの業者は庭の広さにもよりますが、1時間以内で芝刈りを終わらせることができます。